自分に魅力に気付いていない人ほどAV業界で人気になることもあります!

AV求人サポートセンタースタッフです。

自分の魅力に気付いていない女性は多い

意外かもしれませんが、AV業界では”こんな子が・・・?”という女性が『単体女優』としてデビューすることが良くあります。

“こんな子”を簡単に言ってしまうと、自分の魅力に気付いていない女性です。一般的に「垢ぬけていない」「いもくさい」とも言ったりします。

自分の魅力に気付いていないがために、化粧っ気がない、化粧が下手であったり、服装もお洒落じゃなかったり、髪型もイマイチという方が多いのですが、風俗とは違い、AVではパッと見の判断はしません。

もちろん、体型も関係しますが、プロダクションの面接担当者はその女性がきちんとプロのメイクをして、髪型を整えて・・・となった場合、どんな風になるか?までを想像して採用、不採用を決めます。

そのため、パッと見た感じで「不採用」の女性でも、よくよく見ているうちに「あれ?単体女優でデビュー出来るんじゃない?」となることが面接中に良くあります。

自分なんて・・・と思い込まないで!

AV女優を目指す女性の中には「わたしなんて・・・」「自信がないんですけど・・・」という方は非常に多いです。

なら、何でそんな子がAV女優を目指すの?と思われてしまいそうですが、皆さん様々な理由があってAV女優を目指しています。

例えば・・・

  • 元々AV女優になりたかった!(AV女優に憧れていた)
  • 高収入が稼げる仕事がしたい
  • AV女優になって今の自分から変わりたい
  • 全く違う自分として生きていきたい
  • 風俗だと性病が心配

などが多いように感じます。理由はきっかけにしかすぎません。この他にもあり本当に様々です。

元々、華やかな女性ばかりではない

AVに出演する女優さんだけを見ると、「煌びやか、華やか」なイメージかもしれませんが、それはあくまで作られたものです。実際はとても静かで、お洒落ではない女性もいます。華やかなイメージはあくまでAV女優として出演している時だけです。

お仕事を始めてから垢ぬける女性も多く、プロのメイクさんにメイクをしてもらうことで自分に合ったメイク方法が分かったり、金銭的に余裕が出来て美容やファッションにお金をかけることでイメージを変えることも出来ます。

また、常に見られる仕事ですので、必然的に美意識が上がり綺麗に磨かれていく方も見受けられます。

全ての女優さんが「元々、今のままだった」ということはありません。AV女優になることで変わった女性の方がきっと多いはずです。

AV女優と魅力まとめ

「AV女優になれるか分からないけど、興味がある」という気持ちさえお持ちでしたら、当社スタッフが全力でバックアップ致します!

興味=チャンスです。自分自身で「どうせダメだから」と決めつけてしまうことほど、勿体ないものはありません。

当社はプロダクションではありませんので、余計な緊張をする必要もありません。まずは話をした上で「やってみたい」ということであれば、プロダクションをご提案・ご紹介致します。

地方からのお問い合わせも大歓迎しております。AV女優になりたい!という気持ちをお持ちの方からのお問い合わせをお待ちしております♪

この記事が参考になりましたらシェアお願いします